医療保険制度考察と選び方のオハナシ。
メニュー
終身タイプ
赤ちゃんにも必要?
うつ病でも入れるのか?
貯蓄型
抜歯で保険は降りる?
掛け捨てタイプ
デイケアは適用される

医療保険制度の概要と役割や種類に関する説明

医療保険制度とは、医療に関する支払いを制定した保険のことです。公的な医療保険のものと民間の医療保険があります。医療保険制度の制定の目的は、毎月一定の保険料を支払い病院利用時には一定の自己負担率で利用できるようにすることで、医療費の支払いによる経済的な負担を軽減したり、幅広い人に医療を受けられる機会を提供することを目的にしています。公的な医療保険制度には、被用者保険と国民健康保険と後期高齢者医療保険の3種類があります。被用者保険は企業などが行う保険で、国民健康保険と後期高齢者医療保険は国や自治体が行う保険です。この医療保険制度は国民皆保険を前提としているので、生活保護者などの一部の例外を除いた日本国に在住する者は、この保険のうちのいずれかの保険に加入の義務があります。それ以外の保険は民間の医療保険として制定されていますが、これらの保険は任意参加なので、公的な保険とは別の扱いになり、保険の種類や補償の内容も保険ごとに異なります。

医療保険の選び方で気を付けたいポイントとは?

医療保険に加入するときは、どのような選び方をすれば良いのでしょうか?医療保険に加入しておけば安心ですが、いざという時に十分な保障がないようでは困ります。しかし、保障額を増やすとその分月々支払う保険料も上がってしまいます。つまり保障と保険料のバランスを考えることが保険の選び方で重要になってくるのです。入院日額は1万円程度の保障を選ぶ方が多くなっています。手術給付金は1回につき5万円や20万円と定額で設定されている医療保険が多いでしょう。手術の内容によって保障額が決定します。医療保険の基本は入院給付金と手術給付金ですが、特約を付けることで保障を充実させることも可能です。特約の選び方としては、先進医療特約や特定疾病特約等が一般的です。先進医療を受けた場合は高額の医療費が発生します。重い病気を発病した時のリスクを考えて、先進医療特約をプラスしておくと安心です。保険会社のホームページから保険料の見積もりができるようになっているので、試してみるといいでしょう。

医療保険のおすすめは保障される範囲の広さと各種給付金の充実度

生命保険 見直しのコラムにも書いていましたが、医療保険の選び方では先ず基本保障を確認することがポイントになります。また、保障の内容と保険料の比較もしておきたいところです。医療保険の保障の柱となるのは入院給付金と手術給付金です。この充実度をみる中で生活習慣病に対する保障に着目します。罹患する率の高い疾病にどれだけ幅広く対応しているかをみていく訳です。主流となっているケースはがん・心臓病・脳卒中などの三大生活習慣病ですが、糖尿病や高血圧性疾患などの七大生活習慣病まで対応しているかもおすすめのポイントです。その上で、入院日数がどれだけ付帯されているか、また通院保障もチェックします。生活習慣病の中でも脳血管疾患などは長期の入院とリハビリを含めた通院も重なります。60日が基本となる中で日数の多い医療保険を選ぶこともおすすめです。その他のおすすめのポイントとしては先進医療特約が標準で付帯されているかもあります。そうした基本の保障と治療の選択性を広げる意味での先進医療への備えをみた上で、保険料が少しでも安いところを選ぶと良いでしょう。先ず保険料の安さが優先されるのではなく、基本の保障を見比べた上での掛け金の比較です。



更新情報


TOP PAGE

© 2015 All right reserved :医療保険制度考察と選び方のオハナシ。
宣伝プログラムGF介護モテる方法virtualケータリング 埼玉